manakyu photo

写真を撮って並べるブログ

Exifと格闘中

誰と戦っているのか・・・

前回ちらっとお話ししたExifを取り出して成型して使いたいと言うお話です。

 

Jpgにした後じゃダメ?

特にレンズ情報等、普通のExif情報に含まれていないような情報に関してはNEF(NikonのRAWのファイル形式)の時点では含まれていたとしてもLightroomでJpgに書き出した時にその辺消えてしまうと言う話。
ちなみにNikon製のNX-Dとか使うとそこまで含めて取り出せるのではないかと言う情報もありました。

じゃあLightroomで取り出さないと

どうやるってなるとてっとり早そうなのはプラグインです。
視点を変えて、透かしに入れると言う手段だといくつかが見つかりました。

でも透かしに入れちゃうのはブログの記事にテキストを入れると言う目的からは外れてしまう・・・

それじゃあRAWファイルから取り出そう

と言う話になりますね。どうするか色々調べましたが
結局のところ殆どExiftoolに頼るしかないのではないかと言う結論です。

Exiftoolとは

www.sno.phy.queensu.ca

まあそのままですがExifからデータを取り出すツールです
コマンドラインツールとして機能するらしいです。
その為のオプションをひねり出す作業が結構面倒くさそうですね

GUI版もあります。ただ閲覧と言う点においては良いかもしれませんがここから希望の物だけをテキストで取り出したいって話になると素直にコマンドラインで使った方がよさそうな感じはします。必要なパラメーターを調べるためにGUIを使うのはありだと思います。

基本的な使い方は「exiftool 画像ファイル名」で全部の情報ひねり出してくれますが必要な物だけ取ればいいのでオプションで必要な情報だけを指定します。ちなみにRAWからと言いつつここではテストの為JPGから抜いています

exiftool.exe 20150822125621.jpg -lang ja -digitalcreationdate -Model -Lensinfo -Focallength -Exposuretime -Fnumber -ISO -ExposureCompensation >exif.txt

最後にテキストに出力しているのは、コマンドプロンプト出力だと日本語が文字化けするので。
出てくるのはこんな感じ

デジタル作成日付 : 2015:08:22
画像入力機器モデル : NIKON D750
レンズ情報 : 24-120mm f/4
レンズ焦点距離 : 120.0 mm
露出時間 : 1/400
F値 : 8.0
ISOスピードレート : 100
露出補正値 : 0

一見よさげだけどタイトルが一部仰々しいのと、タイトルとコロンの間のスペースが気持ち悪いね。

(と思ったらテキストの時だけで、ブログに貼ると何故かきれいに生成される)

ちなみに英語だともっと分かりにくい

Digital Creation Date : 2015:08:22
Camera Model Name : NIKON D750
Lens Info : 24-120mm f/4
Focal Length : 120.0 mm
Exposure Time : 1/400
F Number : 8.0
ISO : 100
Exposure Compensation : 0


引き出せた値に関しては大体こんなもんでいいのでこれをうまいこと整形出来ないもんかなあと思案中です。

広告を非表示にする